【無料】RPG好きならやっておくべきおすすめフリーゲーム10選

私が選んだおすすめRPG!

私が実際にプレイ、クリアまでしたフリーゲームのうち記憶に残っているゲームを挙げて行きます!

時折、中二病くさいのはご愛嬌ということでお願いします。(*´艸`*)

それではさくさくっとご紹介していきましょう。どれもこれもどハマり確実のフリーゲームですよ!

[2017年3月18日 追記]
本記事以外でも、当サイトではおすすめのフリーRPGを多数ご紹介してます。その数なんと100以上!(多分!)

という訳で、当サイトを隅々まで見て回ってお気に入りのRPGを見つけていってください!(`・ω・´)ゞ

RPGカテゴリーのおすすめゲーム

おすすめRPGその1. Nepheshel (ネフェシエル)

「閉ざされた島」と呼ばれる小島に、過去の記憶の一切を失った状態で流れついた、リトと名乗る一人の少年。彼は、なぜか自分が持っていた書物より「漆黒の迷宮」の存在を知り、単身島内の探索を始めたのであった。

冒険の途中で出会う、3体の謎めいた女の魔神。そして、彼女たちと共に島の探索を進めるうちに、リトは自分の過去と運命に直面することになるのである・・・。

当時としては斬新だった「シナリオを語らない、自由過ぎるRPG」というシステム。

隠しダンジョン、アイテムなどの要素も満載で、思わずやり込んでしまいました。

記憶をなくした主人公、そして主人公の仲間として登場する3人の謎の人物、彼女らの正体は・・・?

ぜひプレイしてこのゲームの謎を解き明かしてみてください!

nepheshel01.jpg
タイトル画面。

nepheshel02.gif
フィールド画面。

nepheshel03.jpg
4人パーティが揃った時は心が震えました。

>> おすすめRPGその1 Nepheshel (ネフェシエル) ダウンロードページ

おすすめRPGその2. イストワール

崩壊の危機に瀕し刻一刻と悪化し続ける世界を救うために、主によって館に招かれた主人公たち8人が集う。しかし当の館主は行方不明であり、世界の崩壊の進行によって館は外界との接続が不安定で自由に往来する事さえままならない状態にあった。

打開策を探す中、偶然によってこの世界を探索する力を得た主人公は、唯一の希望として世界崩壊の原因を突き止めるため館の外に広がる世界に乗り込んでいく。

出典:イストワール – Wikipedia

上述のNepheshelに感化され作成したというRPG。

こちらも自由度が高く、時間を忘れてプレイできる、そんなやり込みがいのあるゲームでした。

ist01.jpg
タイトル画面。

ist02.png
館に招かれた客人が集う広間。

>> おすすめRPGその2 イストワール ダウンロードページ

おすすめRPGその3. 魔王物語物語

舞台は「島」という呼称で知られる地域。主人公ヒマリは、『魔王物語』という未完の本の結末を求めて「島」を探索する事になる。

出典:魔王物語物語 – Wikipedia

最初は全く手元に情報の無いまま物語はスタートします。

とにかく目の前にある怪しいダンジョンに潜り、迫りくる敵をなぎ倒して行きましょう。

そうすることで断片的にですが次第にストーリーが補完されていき、最後の最後で物語は真の完結を迎えるでしょう。

秀逸なシナリオ、独特な雰囲気、そして水彩画のような美しい一枚絵が特徴のRPGです。

未プレイの方はぜひダウンロードして遊んでみてください、オススメです。

maou01.jpg
タイトル画面。

maou02.jpg
スキル発動!

maou03.jpg
立ち絵。その手に握るは・・・?

>> おすすめRPGその3 魔王物語物語 ダウンロードページ

おすすめRPGその4. らんだむダンジョン

ダンジョンが目玉(観光)スポットの「だんじょん村」を少女たちが発展させたり、ダンジョン内の脅威を排除したり、冒険者のプライベートな悩みを解決したり、村周辺のゴタゴタを解決したりしながらいつのまにか世界を救ったりとかそんな話。

出典:らんだむダンジョン -アニヲタWiki- (サイト閉鎖)

最初は軽~い気持ちで、まぁやってみようかという感じだったんです。

はっきり言ってそこまで大きな期待はしていませんでした。「へぇ、人気なんだ・・・?」ぐらいのテンションでしたね。

ところが、プレイしてみたら速攻でどハマりしてしまい、気が付けば100時間以上もこのゲームに吸い取られてしまっていました。

まさに化物級の超おすすめRPGです。

テキストや展開がいちいち秀逸で、早く次のイベントを見てみたいがためにレベル上げやアイテム集めに没頭してしまう・・・。

このゲームは危険です、面白過ぎます。

random01.jpg
オープニング直後の村の解説。

rondom02.jpg
装備アイテムの解説画面。一事が万事この調子です。

rondom03.jpg
戦闘画面。あれ・・・この人どっかで?

>> おすすめRPGその4 らんだむダンジョン ダウンロードページ

おすすめRPGその5. 扉の伝説 ~風のつばさ~

それは名もないとある世界の物語
一人の少女がいた・・・
始まりは小さな約束

そして・・・・・・

少女の小さくて大きな物語が始まる・・・・・・

出典:http://www.geocities.co.jp/Bookend/4860/1RPGtop.htm

このゲームは、若干(結構)残虐極まりない描写が入ったりなど、色々と問題作扱いされています。

ですが、総プレイ100時間は超えるであろうボリューム、後半の超展開など、見応えやり応えは十分です。

ちなみにですが、序盤→次章へのフラグがちょっとわかりづらいので、プレイされる方はそこはググって対応することをオススメします。

私?もちろん全く分からなかったのでググりましたよ!(笑)

tobira01.jpg
タイトル画面。

tobira02.jpg
大切な妹との約束。

tobira03.gif
道中はハプニングでいっぱい!?

>> おすすめRPGその5 扉の伝説 ~風のつばさ~ ダウンロードページ

おすすめRPGその6. 月夜に響くノクターン Rebirth

永劫の夜の闇を生きるもの、吸血鬼。
彼等にとってはヒトの命など何の事はない。そこ等に転がってる石ころと同じ。
なんのためらいもなく蹴飛ばせる存在である。

一人の女が、森の中を走っていた。
後ろには、女を追っているであろう賊が三人。
そこへ通りかかった黒衣の男が、襲い掛かってきた賊をあっさりと一蹴した。
助けられたと思った女は男にお礼がしたいと言い、村まで来て欲しいという。
……ヒトの顔をした悪魔は嗤う。
獲物は、多い方がいい……。

出典:月夜に響くノクターン Rebirth(公式サイトは消滅)

美麗、流麗なグラフィックが素晴らしいRPGでした。

以前に作成されたツクール製RPG「月夜に響くノクターン」のリメイクとのことでタイトル末尾に「Rebirth」と名付けられています。

ストーリーはもちろん、戦闘時の必殺技を使う時の爽快感が何とも中二心をくすぐります。

ぜひ一度プレイしてみてください!

tukiyo01.jpg
タイトル画面。

tukiyo02.jpg
戦闘画面。美麗なグラフィックが映えますね!

tukiyo03.jpg
陣形選択画面。

>> おすすめRPGその6 月夜に響くノクターン Rebirth ダウンロードページ

おすすめRPGその7. 教えてマイトレーヤ

名も無き大陸があった。

人々に記憶されているのは多くの戦乱と、いくつかの平穏の歴史だけで、
その大陸の名を知る者はいない、元々名すら無かったのかもしれない。

大陸に歴史家が生まれ、「記録」を初めて百余年あまり、
強大な力を打ちたてたロンバルド帝國は初の大陸統一を成し遂げる。

だがその栄華も五十年と持たず、ロフ教団の反乱により大陸は再び戦火の渦
へと引きこまれるのであった。
反乱に呼応するが如く、大陸東南に根付く大地信仰の民ジダ族も諸部族を束ね
中央へと勢力を伸ばし、ロフ教と対ロンバルド戦線の協定を組む。
そして一進一退の戦禍の中、大陸の動乱は続いた。

戦乱の最中ロフ教団は聖・カナン国を宣言、それに続き
ジダ族も ジダ・シャングリラ国を建国する。
その士気に押されてかロンバルド帝國軍の敗戦色が濃くなり、
国防線キエルラインを突破され、最終要塞ティタンへの進攻を許してしまう。

ティタン要塞での戦いは長期に渡り、一度は絶命と思われた帝國にも
好機が生じる、カナン・シャングリラ間の決裂であった。
はじめは戦利品の分配などで小さい揉め事で収まっていたトラブルも、
その一寸の亀裂から瓦解をはじめる。

帝國は一時を凌いだ、がその油断を突き一介の農民により
国軍を制し国王を人質に捕らわれてしまう。
大陸聖王のあっけない最期であった、
農民の名をエスガイ、その後大陸の英雄として名を残した。

戦後カナンとシャングリラ間の領土問題は続き、
大陸南部の覇権を主張し合い、対立は続いた。
その一方、大陸の北部は無統治状態からエスガイの志を継ぐ
者達により自治国家が生まれる。
この後二十年は国家間の戦は無く、人々は平和を謳歌し
イクナスゥン・カラー(平和の花の時代)と呼んだ。

大陸北部に広大な統治を展開していた自治国は
その名をアガルタと称し、大陸は新たな時代へと移行しはじめた。

ーカナン・シャングリラ・アガルター
大陸三国時代のはじまりである。

出典:教えてマイトレーヤとは?

ファイアーエムブレム系のシミュレーションRPGです。

少し古いゲームなのでグラフィックという点では若干落ちますが、細部まで練り込まれたストーリーはもはや「史実」とも言えますし、敵味方双方のレベルが上がらないことにより生まれる「どのユニットを犠牲にして先に進むか」という戦略性はかなり楽しめます。

とりあえず第一部カナン侵攻編をやってみて下さい。

om01.jpg
敵国の将軍にも覚悟があります・・・!

om02.png
戦闘画面。こちらはオーソドックスなシミュレーションRPGですね。

>> おすすめRPGその7 教えてマイトレーヤ ダウンロードページ

おすすめRPGその8. Ruina 廃都の物語

ネス公国の辺境、大河アークフィアのほとりに位置する町ホルム。ここで暮らしていた主人公は、ある日何かに呼ばれるように森の中へ踏み行っていく。そこには見た事もない洞窟が広がっていた・・・。

出典:Ruina 廃都の物語 – Wikipedia

RPGとしてはオーソドックスかつ王道な感じですが、秀逸なシナリオとゲームブックのようにマップの移動範囲を徐々に広げていく楽しみが相まって、このゲームを唯一無二のものにしています。

ruina01.jpg
タイトル画面。セピア調の配色が雰囲気を出してます。

ruina02.jpg
街の酒場には冒険者たちが集う・・・。

ruina03.jpg
戦闘画面。

>> おすすめRPGその8 Ruina 廃都の物語 ダウンロードページ

おすすめRPGその9. Elona

プレイヤーである冒険者は、異形の森から吹くエーテルの風によって乗っていた船が難破してしまう。

ノースティリスの地に流れ着いた冒険者は、無実を訴えるため中立国パルミアへ向かっていた二人のエレアに救助され、洞窟の中で意識を取り戻した。

出典:Elona – Wikipedia

ローグライクゲームの超有名作です。

操作方法が若干・・・いえ相当複雑なのと、序盤は敵が強くまともに戦うことも難しいため、最初は我慢が必要かもしれません。

ですがそこを乗り越えられれば、恐らく気がついた時には100時間ぐらいはこのゲームに吸い取られてしまっているのではないでしょうか。

異常なくらい中毒性の高いゲームです。

elona01.jpg
夜の街並み。

elona02.jpg
ステータス画面。

elona03.jpg
Elonaでは、自宅は散らかりがちです。

>> おすすめRPGその9 Elona ダウンロードページ

おすすめRPGその10. 東方自然癒

雪が溶け、大地が目覚める。そんな、いたって普通の春。

季節が巡っても、やはり博麗神社。

相変わらず参拝客は少なく、今日も平和な幻想郷に、巫女は退屈していた。たまにやって来る魔法使いや妖怪と、他愛無い会話をして過ごす日々。

たまには掃除をしようかしら。そう思って、ぶらりと現れた魔法使いと話をしながら掃除をする巫女。

今日もこうして終わるのだろう、そんなことを思っていた矢先・・・

清々しい香りを纏う、少女の姿をした妖怪が現れる。コツン、ではなく、パサッという程度の賽銭を催促してしまい、その妖怪の悩みを聞くことに・・・。

出典:http://tohosizenyu.iza-yoi.net/toppage.html

問答無用、死ぬほど面白いです。

当時の私は東方のことは正直「ああ、何となく聞いたことある」程度だったのですが、このゲームをやってハマりました。

主人公である「瀬笈 葉(せおい は)」は生まれたての新参妖怪・・・というシチュエーションのため、出てくるキャラ全てがはじめまして状態。これは東方を知らない自分にはとてもありがたかったです。

ストーリー、グラフィック、システム、どれを取ってもレベルが高く面白かったです。ぜひやってみて下さい。

sizen01.jpg
タイトル画面。

sizen02.jpg
毎度おなじみ博麗神社。

sizen03.jpg
こ、この技は・・・まさか!?

>> おすすめRPGその10 東方自然癒 ダウンロードページ

いかがでしたか?

他にも色々紹介したいのですが、キリが無いので今回はここらで止めておきます。

みなさま、良いフリゲライフをお過ごし下さいね!

なお、この中でやってみたいと思ったゲームがありましたら、この記事をTwitterなどでつぶやいて他の方にも勧めてあげてください。

よろしくお願いします。ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

[PR]
taiyoproject

総ダウンロード数5万突破!ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

7つの種族と8つの職業、100種を超えるスキルに250種を超えるアイテムの数々!

スマホで遊べる超本格ロールプレイングゲーム「放置&ハクスラ系RPG ソウルクリスタル」iOS/Android各アプリストアにて絶賛公開中です!

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ